CONTACT  お問い合わせ

 

まずはお気軽にご相談ください。

ボイトレ、ボーカルレッスン、ナレーション、ボイストレーニング、ギターやベース、DTMなどのレッスン/オンラインレッスンは電話・問い合わせフォームより受け付けております。

ロゴ3(リサイズ).png

音楽スクール/通信 音楽スクール/音楽教室/通信 音楽教室

/オンライン ミュージックスクール/オンライン 音楽教室/パソコン音楽制作教室/オンライン ボイトレ/オンライン DTM/オンライン 作曲/Skype レッスン/ギター/ベース/ドラム/チラシ名刺デザイン/NextLeadMusicSchool

受付時間 10時-21時

TEL : 03-4405-2125

​受付時間 24時間対応

 
  • Grey Twitter Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon

© 2017 by Next Lead Music School

 

オンラインレッスンの為のMacの設定/流れ

オンラインレッスンのDTMコース(Mac)をご希望の方の為の設定方法になります。
 
01.

​インターネットプラウザより、SoundFlowerをDL、インストールしていただきます。

01.

​1のFree Downloadをクリック

2のAl​tenative Downloadをクリック

​3のSoundFlower-2.02bをクリック

​現在、SoundFlower-2.0b2が最新となっております。

OS SierraやOS 10.6.8以前の物だと対応が変わりますので、お手数ですが、別途お問い合わせください。

02.

​SoundFlowerは仮想ミキサーの入力、出力デバイスなので、アプリケーションやソフトなどといったような、目に見えた物は出現しません。

Macのシステム設定からサウンドやDawなどの入出力を確認して頂いて「SoundFlower」が追加されていれば、インストール完了となります。

02.

App Storeより、LadioCastのDL、インストールしていただきます。

こちらは仮想ミキサーといった扱いになり、アプリケーションです。

DAWからSoundFlowerに送った音、USBマイクなどの音をSkypeに送るためのミキサーとお考えください。

01.

LadioCastを開いて頂くと、画像のような入力、出力の設定ができます。

入力をSound Flower(2ch)と(64ch)

Chが無ければ、SoundFlowerに

USBマイクをお使いの方はUSBマイクも入力設定していただき

出力はオーディオインターフェイスにしてください。

​画像のような設定にして頂ければ問題ございません。

02.

注意!マイクを立てる場合、スピーカーから出た自分の声を拾って無限ループしてしまい、マシンの故障の原因になってしまいますので

ヘッドフォンなどでレッスンを行ってください。

 
03.

​インターネットプラウザより、Skype Mac版をDL、インストールしていただきます。

01.

​続いてアカウントの作成をします。

ショートメールの受け取れる電話番号、またはメールアドレスが必要になります。

02.
03.

SKYPE IDが作成されれば登録完了です。

お問い合わせ時に頂いたメールアドレスに、SKYPE公式で作成される講師のSKYPE情報のURLをお送りします。そちらにアクセスしていただきますと、すぐに講師と友達登録が行え、チャットや通話が可能になります。

すでにインストールされている方は、申し込みフォームにご記入頂くと、こちらから友達登録の申請が行えます

 

Skypeの入力設定をします。​

Skypeを開き、画面左上の「Skype」バーにある『設定』から

音声/ビデオのマイクを先ほどインストールしたSoundFlowerに設定します。

2ch、64chある場合はDawの出力と同じのに設定致します。

DAWの設定は後ほどご説明致します。

カメラは生徒様側ではOFFにしていただいてOKです!

04.
 
04.

Dawのアウトプットの設定を​

行います。

画像の様に環境設定の出力デバイスをSoundFlowerに変更。

​レッスンが終わったらオーディオインターフェイスに戻して頂く必要があります。

01.

​講師との会話用のオーディオトラックを作り、インプットモニターをONにしていただければ準備完了です。

​制作途中のセッションデータがある場合そちらをご用意頂ければと思います。

 
02.
05.

画面共有、遠隔ソフトになります。

​お互い、同じ画面を見ながら作業が行えます。

01.

​まずはインターネットプラウザより

TeamViwerの検索、ダウンロード、インストールを行います。

今回の様に、趣味、遊びで使用する際は無料となっておりますので、ぜひご活用ください。

02.

​インストール後、TeamViwerを立ち上げると、『リモートコントロール』か「会議」かの選択が行えますので『リモートコントローラー』をご選択ください。

自分以外が自分のMacの遠隔を行う場合は、使用中のIDとパスワードを担当者にお伝えください。

03.

上記のソフト共通ですが、インストール後、表示や認識されてない場合はMacを再起動すると認識されます。

​正直、よく分からない

1. 正直よく分からない

2. 変な設定にしてしまいそう

3.なんだか不安である 

という方はサポートセンター、もしくわ担当講師がご案内しますので、お気軽にお問い合わせください!
TeamViwerだけでもインストールして頂けてますと、とてもスムーズな設定が可能となっております。